TAGミニタイトルTOPへTAGカンパニーとは仲間紹介活動紹介お問い合せ

だっこでゴスペル

プロフィール

抱っこ1 平成22年5月に活動を始めた、子連れでゴスペルを楽しめるクワイヤーです。
 メンバー全員が、それぞれの子どもの成長を見守りながら、楽しく歌っています。地域のライブやフェスティバルでのステージ、また、保育園や児童センター、公民館などで行われる子どもやシニアの方の集まりの場に出演させていただいています。


Waiting !


 だっこでゴスペルは現在メンバーが定員(30名)に達しております。
 体験をご希望の方はキャンセル待ちをしていただくことになります。
 枠が空き次第連絡いたしますので、まずは問合せ下さい。

活動ポリシー

 子どもと一緒に楽しく歌って、心も体もリフレッシュ!

開催日時

 毎月 ●レッスン…第1・第3金曜日 10:15〜11:45
    ●自主練習…第2・第4金曜日 同じ時間(気候のよい時はピクニックなどにも出かけます)

開催場所

 西山田集会所(吹田市山田西)会場の詳細抱っこ2

最寄り駅

 大阪モノレール「万博記念公演」駅徒歩18分、大阪モノレール・阪急電鉄「山田」駅より徒歩23分

会費

 入会金500円、会費6,000円
(3ヶ月分)
 サンクス年会費はこちらへ

関連サイト

 なし

活動経歴

メンバーの声

ゆうこ(女性・40代)

 入会して一ヶ月で、よっといで祭の野外ステージに参加した後に掲示板に書き込んだ私の感想です。

 「JUNKO先生の指揮の元、皆の気持ちが一つになって一緒に歌える幸せを感じました。
『翼を下さい』を歌っている途中、先生が『大空を感じて!』という様なジェスチャーをされて、空を見上げたら青空!
 『この大空に〜』という歌詞がすごく胸に迫ってきて…。普段部屋の中で練習する時も、この空を思い浮かべながら歌おう!と思いました。 あれから息子は『セインツ・メドレー』を、娘は『翼を下さい』をずっと歌っていて、感激です。 抱っこ3
 実は息子は小さい頃、私が歌うことが好きではなく、私は何となく、その頃から大きな声で歌うのを控えていました。娘も、人見知り&場所見知りが強いため、私がやりたい事に連れていくのはいけない事の様に感じていました。

 それが、『だっこでゴスペル』に思いがけず出会うことが出来て、しかも子どもがそれを一緒に楽しんでいるなんて。

 6月に体験に参加させていただいてから今まで、練習も発表も『私、こんな事体験させてもらっていいのかしら?』と、嬉しくて、雲の上をフワフワ歩いているような気持ちです。
すごく好きだった事にまたトライするチャンスを与えて下さって、『だっこでゴスペル』の皆様に本当に感謝しています。ありがとうございます!!」

入会して二年経った今も、この気持ちは変わっていません。

みぃ(女性・30代)

 こどもが育てやすい郊外にと吹田に越してきてすぐに、ずっとやりたかったママさんのゴスペルサークルがある!ときいて見学にいきました。

抱っこ2  みなさん本当にだっこしながら(笑)歌っていて、時には違うお母さんが 面倒をみたりしてすごくこどもを大事にしていることに感動し、かつパワフルな歌声に仲間入りを決めました。
 慣れない土地で、私のママ友づくりと3歳の娘の友だちづくりが心配でしたが、先生含めてこども連れなので気持ちを共有できるたくさんの仲間ができ、一気に解決できました。

 だっこの素敵な習慣ですが、レッスン後は手作り弁当をみんなで食べて、天気のいい日には外にある遊具で遊んだり、夏には水遊びをしたり、秋には落ち葉を拾ったり...
なので、こどももママもいつも喜んで通っています!

ちよちゃん (女性・30代)

 親子で一緒に楽しめることを探していた時、ゆいぴあでの小さな子を抱えて楽しそうに歌うメンバーのステージを目にし、私もみんなの中に入って歌うことができたらステキだなーと思い、入会待ちを経て、今一緒に歌えるご縁をいただき、早1年が過ぎようとしています。
子育てや家事に追われる日々の中で、練習日だけでも自分の集中できる時間を持つことでリフレッシュでき、同じ子育てママと気持ちを一つにして、心と体を解放して思い切り声を出して歌うことで、とってもスカッとします。
抱っこ2
家で口ずさんでいると、いつのまにか子どもも歌い出し、躍り出し、いくつかのステージに親子で立たせていただき、素晴らしい経験を共にすることができました。
JUNKO先生の真剣な中にも和やかな楽しいレッスンのもと、みんなで1つのものを作り上げていく喜びを感じ、歌を通してキラキラした時間を過ごせることに感謝しています。
子育て中だからこそ、自分のために輝ける場所が必要で、これからも楽しみ、努力し、輝いている姿を子どもたちに見せていきたいと思っています。